• エプソンがトナーに注目するようになった理由

    • エプソンは昔はトナー主体というよりは、パソコンなどを安く販売する通販サイトというのが主体のビジネスでした。

      ですが、今はトナービジネスというようなものを業界に先駆けて始めて成功し、今ではプリンターのトナーといえばエプソンというぐらいになりました。

      エプソンがトナーというものを注目するようになったきっかけはプリンターだったと考えられます。


      もともとはプリンターはパソコンの周辺機器という位置づけで、それほど力をいれてはいなかったといえるでしょう。どちらかというとパソコン本体で収益を上げることを考えていたようです。

      マイナビニュースついて詳しく説明しているサイトです。

      ですが、パソコン本体は強烈な価格競争に見舞われることになり、収益性というものがかなり落ちました。



      そこで、目を付けるようになったのがプリンターだったのだと考えられます。

      プリンターはパソコンを持ってい人なら一台は持っておきたいものですし、機能はシンプルで収益性も悪くないと考えられました。そして、プリンターに注目をしたときに、そらに大きな可能性を見出したのがトナーということになるのでしょう。

      これはなくなれば必ず交換することになるので安定した需要を見込める上に、競合相手がいないという独占状態で発注をもらうことが出来るのです。
      そう考えるとプリンターを安くしてもプリンターさえ買ってもらえれば、こちらで収益を上げることが出来るということで、今の交換ビジネスともいえるようなビジネススタイルを構築することに成功したのでしょう。

      LP-S7100の情報といえばココです。

  • サポート情報

    • シャープのトナーをもっとお得に買うには

      シャープの複合機やプリンタを使っていて、インク代が高いと感じている方は、リサイクルトナーの利用を検討してはいかがでしょうか。リサイクル品と言っても純正品と印刷品質は変わらず、コストのみを下げることができるとして人気の商品です。...

  • 売買をもっと知る

  • 知識を増やす・わかりやすい情報

    • 富士ゼロックスのトナー回収ボトル

      富士ゼロックスの複合機やプリンターにはDocuCentre、ApeosPortと言ったシリーズがあります。DocuCentreの複合機にはコピー機能を初め、ファックス機能、プリンター機能、そしてスキャナー機能と言った4つの機能が1台に収められており、4つの機能をフルに活用したい企業などからの注目を集めています。...

    • キャノンのトナーについて

      中小企業が多く狭い日本は、人の割りには働く場所も狭いと言われますが、そんな場所でよく使われるプリンタは、もちろん場所をとらないもので、必要書類はA4サイズモノクロ限定の印刷で十分足りていることが多々あります。そこにちょっと条件をプラスすると、モノクロのレーザープリンタであれば、なおうれしいといった所でしょうか。...